ダイエットを失敗する人が陥る5つのパターン

トレーニング論

このページにたどり着いた人は、ダイエットを一生懸命やってるけどなかなか結果が出なかったり、ダイエットに失敗した経験がある人だと思います。

気づかないうちにダイエットに良くない習慣を行っている可能性が非常に高いです。
この記事ではダイエットがうまくいかない人の特徴を紹介し、それに対する改善方法を紹介します!もし当てはまる特徴があったらすぐにやめて、正しいダイエットで結果を出しましょう!

1.長期間なダイエット!!

あなたは食後いつも満足していますか?
もし毎日お腹がすいている状態ならその習慣は変える必要がある!

ダイエットをしているとついついご飯を食べることを我慢し過ぎてしまう。

しかし空腹な状態が長く続くと、身体が生命の危機を感じ、代謝を抑えるため、痩せにくい身体になってしまい、その結果ダイエットにうまくいかなくなってしまう。

もしこのような習慣がある人は、一度ダイエットを休憩してほしい。

2週間から4週間の間、普段の食生活に戻すことによって、身体が元の代謝に戻すことができる

たしかにこの期間は体重は減らないが、長期的に考えると代謝を戻すことによって、効率的にダイエットをすることができる。

2.間違ったカロリー計算

ダイエットで最も大切なことはカロリー計算である

カロリーは三大栄養素である、糖質、たんぱく質、脂質の量によってカロリーが決まる。

食べ物のサイズが同じでも、どの要素で構成されているかでカロリーは全く違う。例えばフライドチキンは80gに対して240カロリーに対して、蒸した鶏むね肉の場合80gで85カロリーである。

また食べるものによって、少ししか食べてないつもりでも多くのカロリーを摂取している場合がある。

特にお菓子などは脂質と糖質でできているため、少ししか食べていないつもりでも多くのカロリーを摂取してしまう

またカロリー計算をして食事している人も、ドレッシングやジャムなど測らずに使う人が多いと思うが、かけすぎることで、カロリー計算している値を大きく超えている可能性がある。

これらをよく使う人は、ドレッシングやジャムのカロリー、またどれくらい使ったかを正しくチェックする必要がある。

自分が食べているもののカロリーを正しく知ることがとても大切である!

3.チートデイの取りすぎ!

チートデイはストレスを溜めずにダイエットするにはとても重要。

(チートデイとはストレスを溜めないために週に何日か好きなものを食べていい日を設定すること)

しかしチートデイが多すぎるとダイエットの効率はガクッと下がる。

もし週末の土日をチートデイとしている人は注意。土日の食事は週の全体の三割を占めている

それだけチートデイが多いと痩せるのはなかなか難しくなる。

トデイは週に1食や2食程度にすることをおすすめする。

4.ジムでしか運動をしない

もしあなたが週に4回、一時間半の運動しているとしよう。

かなり十分の量に感じられる。

しかし一週間は144時間もあり、そのうちのたったの6時間しか運動していないと言える。

ジムでトレーニングにすることはとてもいいことである。

しかしそれ以外で全く身体を動かさなっかたらカロリーはなかなか消費できない。

またトレーニング以外で効率よくカロリーを消費する方法はたくさんある。

もし仕事中ずっと座りっぱなしなら立って仕事をしたり、エスカレーターやエレベーターを使わず階段を使ったり、通勤を徒歩や自転車に代えたり、一駅歩いたりなどの方法がある。

このような日常生活での運動の積み重ねが多くのカロリー消費に繋がる。

ジムでの運動のカロリー消費だけではなく、1日のトータルカロリー消費量を増やすことを心がけよう

5.有酸素運動しかしない

ダイエットをするためには有酸素運動がとても効果的である。

しかしそれと同時に脂肪だけでなく筋肉も減ってしまう。特にダイエットのときは栄養が足りない状態が続くので、エネルギーを補うために筋肉がガンガン分解されて減っていく。

筋トレするによって筋肉に刺激が入り、身体に筋肉をこれ以上分解したらヤバいと思わせ、筋肉の分解を抑制することできる

さらに筋トレのような強度の高い運動をしたあとは24時間から48時間は代謝が高い状態が続く

れによって身体のカロリーを消費しやすい状態が続くため痩せやすくなる。
もしダイエットで目標体重まで落とせとも、筋肉がかなり落ちてしまって見た目が理想とかけ離れていたら、とても悲しい。

筋トレと有酸素運動を組み合わせて理想は身体を手に入れよう!

まとめ

もしあなたがこのような習慣が当てはまってしまっていたなら、いますぐその習慣を改善して新しい習慣を始めてください。正しいカロリー計算、筋トレやランニングを組み合わせ、日常生活にも運動を組み合わせることで間違いなくダイエットは成功します。正しい方法で理想な身体を手に入れましょう!

コメント